« 中小企業会計 時価会計を部分導入 | トップページ | 中国での事業はリスクが高い! »

愛の流刑地

リンク: NIKKEI NET:日本経済新聞ご案内.

「失楽園」で一世を風靡した渡辺淳一氏が日経新聞朝刊で連載している「愛の流刑地」が人気?らしいです。

お客様との話題の中にも最近、たびたび登場します。

「あれは、まずいよね~。朝から。スポーツ誌じゃないんだから。」

なんていいながら、しっかりと毎朝読まれているようです。

「失楽園」ブームも火付け役は経済界でご活躍されていた歴々でしょう。
当時、支店長と某上場企業の社長を訪問した際に、支店長と社長が「失楽園」の話題で盛り上がり、困惑したことを思い出します。

当時、私はまだ若く、「失楽園」も連載開始直後のブーム前だったこともあり、内容はおろか題名すら知りませんでした。

二人の会話の内容が、昼間からする話ではなかったことから

「一体、何の話だ?エロ親父なのか、二人は?」

と困惑し、帰店後確認したところ「日経新聞」の連載小説の話題であったことが判明。

「驚愕」するとともに、

「ああ。お客様とのお付き合いには、いろいろな知識が必要だなあ。」

と反省した記憶があります。

そんな私も、今ではすっかり「大人」になりました。
「愛の流刑地」の話題にも、積極的に対応できます。
(むしろ私の方から話題提供するくらいです!)

「いやあ、俺も成長したなあ。」

と、ひとり満足している今日この頃。
「第2の失楽園ブーム」は来るのか?
と注目してます。

※あらすじは記事トップの「日経新聞リンク」をご参照下さい。

http://blog.with2.net/rank1550-0.html

|

« 中小企業会計 時価会計を部分導入 | トップページ | 中国での事業はリスクが高い! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ★
あなたのサイトをランキングに参加しませんか?
ランキングに参加すると見てくれる人が今以上に増えますのでお得です(^^)/
ではこれからも頑張って下さい☆

投稿: 人気BLOGランキング | 2005/04/10 15:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛の流刑地:

» 愛の流刑地 [「独立したい」が頭をかすめた時 PART2]
朝、会社で新聞を広げる社長。 まず、読むのは「愛の流刑地」。 って、別に読むつも [続きを読む]

受信: 2005/04/18 15:32

« 中小企業会計 時価会計を部分導入 | トップページ | 中国での事業はリスクが高い! »