« サラリーマン救済ローン? | トップページ | ”それでも”情報管理のススメ。 »

情報管理のススメ。

以前、個人情報保護法施行に伴い、銀行の事務手続きが変更となったことについて言及しました。
その後、お客様からも相談をされたり、個人情報保護対策の仕事をしているお客様から、取引先紹介の依頼を受けたりと、結構、世間一般的な意識も高まっている様です。
(日経新聞の書籍広告も花盛りですネ。)

私の組織では、先日の事務手続きの改定に加えて、「かなり高度なレベル」で情報管理の徹底を求められております。

何と、外部へFAX送信する際に「2名以上の立会い」が必要になったのです!
しかも事前に管理簿へ記入の上、担当の管理責任者の事前確認の承認印まで必要なんです!

しかも、送信前に相手側担当者に

「今からおくりますよ!」
と電話を入れ、送信後

「届きましたか?」
と確認の電話が必要になったのです。

さすが、銀行の情報管理は徹底している!と感嘆してます。

「1件でも多く、お客様を訪問しろ!」
「営業効率が重要だ!」

と日々、叱咤激励されながら、FAX送信1件に10分程度の手間暇を惜しまずかけています!
(しかも2名以上)

「じょ~だんじゃないよぉ~」

と昔のビートたけしさんなら言うと思います。

しかし、更に驚くのは

「E-メールなら送信OK!」
なのです。
事前承認必要なしです。
2名以上の立会いもいらないんです。
私ひとりで「送信」とクリックするだけなんです!

「FAXならダイヤルを間違えて送信するリスクがある。」
「相手側の社員の複数の目に触れる危険性がある。」
「記録をつけないと、誰が送信したか分からない。」

等々が理由でしょう。

E‐メールでも間違えることはありますよねぇ。
でも、それはいいんです。
銀行の管理担当者は気にしないんです。

何故ならE-メールであれば「誰が送信したか」、すぐに判明するからです。
上記「FAX」と「E‐メール」の手続きの違いから透けてくる銀行の本音は、極論すると

「間違えて送信することで、顧客情報が流出することが問題では無い!」
「誰がやったかを突止める仕組みが必要なんだ!」

というふうに、私には聞こえます。

考え過ぎか・・・・。

とにかく、顧客情報の流出は社会問題であり、絶対にあってはならないことです。
その為には「情報管理」を徹底する仕組み作りは必要だと、私も心から思います。

が、なんとなく割りきれない今日この頃です・・・。

http://blog.with2.net/link.php/64997

|

« サラリーマン救済ローン? | トップページ | ”それでも”情報管理のススメ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 情報管理のススメ。:

« サラリーマン救済ローン? | トップページ | ”それでも”情報管理のススメ。 »