« フィッシング詐欺にご注意! [ GARAKUTA ICHI ] | トップページ | 記事内容訂正→「気をつけろ!なんの努力もなしに・・・」 »

隅田川花火大会

30日(土)の夜は日本全国各地で花火大会が催されたようで、朝からニュースでも取り上げられていました。

なかでも日本一の規模を誇る“隅田川花火大会”は例年同様、大勢の観客が詰め掛け、1週間以上前から並んだ人もいるほどの“陣取り合戦”や迷子、喧嘩の多発など大変な賑わいだったようです。

隅田川の両岸に詰めかけた大勢の人込みの映像を見ていてふと思い出したのが「東京大空襲」です。
ちょうど60年前の1945年3月10日、帝都・東京は大空襲に遭遇。一夜にして10万人以上の人が亡くなり、東京は焼け野原になりました。
(10万人ってすごい数字です。原爆と同じ規模。阪神大震災の比じゃないですもん。)

300機以上のB-29が目標としたのは“隅田川両岸”。
搭載された焼夷弾は1700トン。
初弾は深川。以後2時間に渡り隅田川両岸に降り注いだのです。

10万人の死者は“焼死”の方も多かったようですが、炎と熱風に逃げ場を無くして隅田川に飛び込み、“溺死”した人や“凍死”(当時水温2度)した人も大勢いたそうです。

「きっと、60年前にも同じように隅田川両岸に群集が詰めかけたんだろうなあ。」

テレビに映し出される“平和な賑わい”の映像と、“悲惨な過去の事実”をシンクロさせようとしたんですが、おびただしい遺体が浮いていたであろう水面に映し出される美しい“花火の残影”は、とても同じ場所を映し出したものとは思えませんでした。

“たった?”60年前のことです。
60年後に映し出される映像はどうなっているんでしょうね。

突然、“平和の尊さ”を実感した、日曜日の“けだるい”朝でした。

応援よろしくお願いします。→人気blog

|

« フィッシング詐欺にご注意! [ GARAKUTA ICHI ] | トップページ | 記事内容訂正→「気をつけろ!なんの努力もなしに・・・」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 隅田川花火大会:

« フィッシング詐欺にご注意! [ GARAKUTA ICHI ] | トップページ | 記事内容訂正→「気をつけろ!なんの努力もなしに・・・」 »