« 追い詰められた② | トップページ | 銀行マンに求められるもの①~RMとは? »

日本版“ダ・ヴィンチ・コード”?

ゴールデンウィークに話題のダ・ヴィンチ・コードを読んだ。興味深い展開に、飽きることなく一気に読み終えたのですが、ふと、日本版ダ・ヴィンチ・コードともいえる本を思い出しました。

もう随分前の作品ですが、高橋克彦さんの「竜の棺」です。
キリストの聖杯伝説とは全く異なりますが、日本の神話を端緒に、ヴァチカンも絡んで文明史の謎に迫る展開は、日本版ダ・ヴィンチ・コードといっても差し支えないでしょう。

「竜の棺」の方が出版時期は古いので、ダ・ヴィンチ・コードを「アメリカ版竜の棺」と呼ぶべきかもしれませんが・・・。

ダ・ヴィンチ・コードを楽しめた方は、きっと「竜の棺」も楽しめると思いますよ。

↓“ポチッ”と応援よろしくお願いします!
blogranking_s

内容(「BOOK」データベースより)
“竜とは何か?なぜ西洋では悪魔、東洋では聖なる存在なのか?”古代文化の栄えた津軽十三湊、長野皆神山ピラミッド、諏訪と出雲…。奇怪な土地買収事件を発端に、各地に残る“竜”の痕跡を辿り始めたTVディレクター九鬼虹人に執拗な妨害が連続した。やがてローマ・ヴァチカンの黒い影が浮上し、謎を追って九鬼はインド、パキスタン、トルコの調査行に旅立った…。待ち受ける敵と謀略。“竜”が語る驚愕の真相とは?文明史とその定説を覆す壮大な推理で激賞を浴びた大河伝奇巨編。


内容(「MARC」データベースより)
古代文化の栄えた津軽十三湊、長野皆神山、諏訪、出雲で発生した奇怪な土地買収事件を発端に、各地に残る「竜」の痕跡を辿り始めたTVディレクター九鬼虹人は執拗な妨害をうけた。文明史をくつがえす壮大な推理でおくる大河伝奇長編。

|

« 追い詰められた② | トップページ | 銀行マンに求められるもの①~RMとは? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本版“ダ・ヴィンチ・コード”?:

» ダ・ヴィンチの性格から分析するモナ・リザの謎 [シカゴ発 映画の精神医学]
 本日、5月20日から映画「ダ・ヴィンチ・コード」が公開されます。  「ダ・ヴィンチ・コード」の公開を記念しまして、ダ・ヴィンチに関する無料レポート を作りました。 ●ダ・ヴィンチの性格から分析するモナ・リザの謎 です。  モナ・リザのモ....... [続きを読む]

受信: 2006/05/20 12:12

» Google []
Google news and reviews [続きを読む]

受信: 2006/05/29 19:33

« 追い詰められた② | トップページ | 銀行マンに求められるもの①~RMとは? »