だって,中国人でしょ?そりゃ,真剣ですわ。

ときに恋愛絡みの三角関係は、泥沼の争いに発展してしまうことがある。つい先日、中国で伝えられた三角関係のケースは、大変仲の良かった2人の女性が1人の男性を巡って険悪な関係に陥ってしまうという、よく見聞きするタイプの話。しかし、このケースでは険悪なだけにとどまらず、最終的には互いのプライベート写真をネットで晒し合い、万人に向けて公開するという、過激さの色を帯びてしまった。

7月21日、中国の大手サイト掲示板に「親友に彼氏を奪われました。どうすれば良いですか?」というタイトルのスレッドが立った。「蝶蝶恋花」と名乗る女子中学生(自称)が書き込んだその内容は「どうして私にこのような仕打ちをするの? 私はいつも彼らのことを考えているのに、彼らは私のことを考えない。私は恨みます」というもので、自分の置かれた立場への苦しさと恨み節がつづられている。

そして投稿した翌日、彼女は暴挙に出た。一通り過激な言葉を述べた後、いまや“恋敵”となった友人の写真をネットに晒し始めたのだ。

このことはすぐに“恋敵”の知るところとなり、逆鱗に触れることに。「蝶蝶恋花」が写真をネットに晒した数日後、今度は“恋敵”の「霏霏」が登場。彼女は自らを「私がその親友」と名乗り、「蝶蝶恋花」に激しい反撃を始めたのだ。「私は揉めないようにしていたのに、信じられないことにあなたは私の写真をネットに晒した。頭がおかしい!」と「蝶蝶恋花」を痛烈に批判した。

この後、二人の罵り合いはしばらく続く。そして27日午後。「蝶蝶恋花」は突然、彼氏と「霏霏」が映った2人のヌード写真をアップロードし、「私はあなたたち犬のような男女に完全に絶望しました。私を責めないでね……」と書き込んだのだ。

もちろん、すでにヒートアップしている2人。こんなことまでされて相手が黙っているわけはない。「蝶蝶恋花」の書き込みから1時間後、今度は「霏霏」が「蝶蝶恋花」の下着姿の写真をネットにアップロード。それからしばらくの間、2人はプライベート写真を晒し合い、本名を使った不毛なバトルが繰り広げられた。

この一件は中国のネットユーザーから大いに注目を浴び、掲示板にはコメントが殺到。「今の90年代生まれは怖すぎる」「親はどういう教育をしているんだ?」「90年代生まれはますます野生化しているぞ」など、多くの中国人にとっても理解しがたい行動だと受け止められているようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

復活?

久しぶりの更新です。

限界を感じて,BLOGの更新も休んでおりましたが,その間,色々なことがありました。

鼻毛次長は,昇格して拠点長に。そして・・・・

今は,もう拠点長ではありません。

我々の不倶戴天の敵であった,木村剛も「塀の中」へ転落必至の状況です。。。

(ざまあみろ!)

そして・・・

私も,少しだけ偉くなり,部下を持つ身になりました。

今は,以前とは違う立場で,“銀行マン”のあるべき姿を探し続けています。

これからは,マイペースで,更新していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そろそろ限界

耐え難きを耐え、忍び難きを忍び、今日まで過ごしてきましたが、そろそろ限界。

この銀行の限界が、見えてきました。

いろいろ、暴露したいことはあるけれど、それは、自由を手に入れてから。。。

続きは、「銀行マンの転職日記」で・・・・。(予告編です。)

| | コメント (3) | トラックバック (1)

疫病神???

以前、仕えていた課長のお父さん人影が亡くなった。
今晩、お通夜に参列。

隣にいた、今も課長に仕える後輩の男が、告白。

「私、仕えた上司(課長)のご両親に不幸があるの、これで、4人連続なんですよぉ。がく~(落胆した顔)


『・・・・4人連続???あせあせ(飛び散る汗)


「ハイわーい(嬉しい顔)。入行以来、4人の課長に仕えましたけど、必ず、お父さんか、お母さんがお亡くなりになるんです。でも、我々の上司って、大体40代~50代ですから、普通ですよねぇ?あっかんべー

「あ、支店長まで入れると、5人ですけど。ウインク




・・・・一言、言わせて下さい。

『お前、絶対に、疫病神だよ!げっそり

↓“ポチッ”と応援よろしくお願いします!
blogranking_s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WOW WAR TONIGHT

流れる景色を 必ず毎晩見ている
家に帰ったら ひたすら眠るだけだから
ほんのひと時でも
自分が どれだけやったか
窓に映ってる 素顔を誉めろ

WOW WAR TONIGHT~時には起こせよムーヴメント

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ビリーズブートキャンプ

巷で話題のビリーズブートキャンプ。
我々銀行マンの周囲でも広がりつつあります。

まずは、元体育会系若手が購入し、断念。

それを胴回りの計測単位が「メートル」の世界に突入している「鼻毛次長」が奪い取ってやっている。

「もう1週間続いたぜ!」

と、自慢げに話しているが、見た目の変化は無い。
絶対に続いていないハズ。

ってゆうか、

「体を鍛える前に、鼻毛を剃ってくれ」

と正直思う。

いきなりのダイエットは、お客様から

「俺は太ってる奴はキライだ!」

と、本気で罵倒され、

「太っていては“銀行マン失格”!」

と目覚めたのが理由だそうだ。

でもね、鼻毛次長、私に言わせれば、あなたは太っているから嫌われたのではなくて、性格が悪いから嫌われているのですよ。。。

それはともかくとして、とりあえず、鼻毛を剃ってから、ビリーやってネ。次長。

兎にも角にもビリーズブートキャンプ の流行は、今や世間の末端まで行き渡った観がある。

私のお客様には、「毎朝、社員10人とやっている。」という社長(社員は悲惨だ!)もいれば、先日は、不動産取引の席の合間の話題にも上っていた。(「私、毎日やってるんですよ~。」とご主人が言えば、「私は最初の5分で・・・・」と奥様。)

やるのはしんどいけど、観ているだけでも面白いのは事実ですけどネ。。。

さあ、あなたもブートキャンプのエリートを目指して、Let's チャレンジ!

★☆体験者の83%が効果を実感!☆★      
 ~ 7日間集中ダイエット ビリーズブートキャンプ ~

 ♪7日間チャレンジで5,000円キャッシュバック♪

多くのダイエッターから選ばれ、ハリウッドスターも効果を実感した驚きのダイエットが日本上陸!!その秘密は4枚のDVDにあった・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メールをクリックしてお小遣いゲット!ポイントアイランド

↓“ポチッ”と応援よろしくお願いします!
blogranking_s

| | コメント (1) | トラックバック (0)

不要品買取&ショップ検索サイト

私、よく引越しするんですけど、その度に大量の処分品が発生して困るんですね。
昨年、引越した時は、スピーカーから「不用品買い取ります」と流しながら、軽自動車で徘徊している怪しい業者がいるじゃないですか?アレに声を掛けたんです。

そしたら・・・

結果的に2万円を諸々の「処分代」といて、支払わされました。

「正規ルートで処分するより安いですよ。」

などと言われ、時間も無かったから支払いましたが、何となく

「?????」
「・・・・・・。」

やはり、普段から不用品は処分しておくべきですね。

今にして思えば、

「引越し先は狭いんだから捨てなさい!!!」

と妻に責められ、泣く泣く処分した「ジョー&飛雄馬」。。。

「買取」に出しておけば、苦労して全号揃えた努力も、少しは報われたかもしれない・・・・。

ということで、最近知った「不用品買取&ショップ検索サイト」をご紹介します。

■■不要品買取&ショップ検索サイト■■

[おいくら] はインターネットでいらないものを売ったり、中古ショップを探したりできる、とっても便利なサービスです。 あなたの周りのいらないもの、使わなくなったものありませんか?捨ててしまうよりも、いろいろなお店に買取ってもらいましょう!
 

空いた時間にお小遣いをゲットしよう!ポイントアイランド

↓“ポチッ”と応援よろしくお願いします!
blogranking_s

銀行マン必携のアイテム達

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀行の証券会社化

現在の銀行が抱える問題点を、ズバリ指摘したコラムです。↓

【銀行の証券会社化】~日本経済新聞007/04/05「大磯小磯」

預金者から見ると、かつての銀行は安定した手堅いビジネスの代名詞であった。銀行は元本割れリスクのある商品は原則として販売を避けてきたし、預金も預金保険機構で保護されてきた。銀行は預金として受け入れたお金を貸し出すことによる利ザヤで安定した収益を得てきたのである。

しかし低成長経済になって企業の資金需要が低下したうえ、不良債権問題で実質赤字決算が続いたため、銀行は競って手数料ビジネスを拡充してきた。特にここ数年、変額年金や投資信託の窓口販売が始まってから、銀行の営業活動に大きな変化が見られるようになった。一言で言えば「銀行の証券会社化」である。

変額年金は販売手数料収入が特に分厚い。銀行は販売時に元本の5-8%もの手数料を得ることができる。一千万円の預金を変額年金に移動させるだけで、銀行は50万円から80万円もの利益を稼ぐことができるのである。この結果、銀行は預金の残高で安定的な利益を稼ぐストック商売から、回転売買の手数料で利益を稼ぐ、悪い意味での証券会社的な商売に変化しているようにうかがえる。

これは危険な兆候である。銀行が顧客にハイリスク商品を販売して厚い手数料を稼ぐようになると、預金者が銀行を見る眼が、顧客に頻繁に売買を勧誘して手数料収入を最大化してきた証券会社を見る目に変化する可能性がある。

多くの証券会社は昔の回転売買重視の営業による顧客からの不信に悩んできた。銀行は同じ道をたどるべきではない。銀行は顧客の立場に立った営業を維持して、顧客からの信頼を維持すべきである。

まず営業担当者の評価基準を手数料ではなく信頼して預けてもらう資産残高にすべきである。また営業担当者のローテーションを従来よりずっと長期間に変更すべきだろう。2-3年で担当を代えるから、つい短期間の収益を追求してしまう。担当する顧客を明確にし、転勤や担当代えを原則廃止、十年、二十年と長期にわたり顧客とのリレーションを深めて、預かり資産を拡大していくべきではないか。こうした長期の営業には、転勤の少ない女子正社員に適性があるだろう。

不正のチェックには今以上の厳格さが求められるが、現在の銀行の店舗網とマンパワーで十分実現が可能ビジネスモデルになるのではないだろうか。(山河)

↓“ポチッ”と応援よろしくお願いします!
blogranking_s

空いた時間にお小遣いをゲットしよう!ポイントアイランド

銀行マン必携のアイテム達

| | コメント (0) | トラックバック (4)

粉飾の論理

粉飾決算を見抜くことは、銀行マンに求められる大事なスキルの一つです。

以前の合併の際には、旧両行ともに取引のある取引先の「粉飾決算」が、次々と白日の下に晒され、驚きました。

「銀行毎に、別々の決算書を提出している企業が本当に存在するんだ!」と、実感するとともに、「粉飾を見つけるのは、中々難しい・・。」ということを思い知りました。

でも、よくよく振り返ってみると、「何か、気持ちが悪い財務内容だ。」という漠然とした不安感というものは感じるものです。不安感を捨て置かず、徹底的に究明するということは、もちろん大事ですが、「漠然としたもの」を、瞬時に「確信」に変えるには、やはり、日頃から多くの事例に接することが必要でしょうネ。

と、いうことで、こんな↓本を、読んでたりします。

粉飾の論理 銀行マン必携のアイテム達

空いた時間にお小遣いをゲットしよう!ポイントアイランド

↓“ポチッ”と応援よろしくお願いします!
blogranking_s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春はお別れの季節です。

合併が決まってから合併後しばらくの間、人事異動が停滞していた反動か、最近は動きが激しい。

「春はお別れの季節です。みんな旅立っていくんです♪」

おニャン子クラブが、かつて歌ったように、4月始めの人事異動は、結構大きかったようです。

トップ昇格した人、給料が上がった人、法人部門からリテール部門へ異動した人、短期間で拠点長の座に別れを告げる人・・・。

悲喜こもごもの春ですが、最近少々、気になるのは旧野良犬行員が名古屋や大阪に異動するケースが多いような・・・・・。

旧公家による“野良犬殲滅作戦(本流外し)”か、はたまた旧野良犬による“人材温存策”なのか???

ま、あっしには関わり合いのねぇこってすが・・・。

↓“ポチッ”と応援よろしくお願いします!
blogranking_s

銀行マン必携のアイテム達

| | コメント (1) | トラックバック (2)

より以前の記事一覧