住宅着工戸数2.2%減~1月

国土交通省が発表した1月の新設住宅着工戸数は前年同月比で2.2%減少したそうです。

前年を下回るのは2ヶ月連続。

まあ、前年、分譲マンションが“絶好調~”だった反動もあるのでしょうが、景気動向を探る数字としては興味深いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

消費者物価 12月0.1%上昇。量的緩和、今春解除?

消費者物価指数が2005年12月に前年同月比0.1%上昇、2ヶ月連続プラスに。

物価の上昇基調が定着?

金融市場では日銀が金融の量的緩和を今春に解除するとの観測が広がり、長短金利が上昇した。

金利動向、要注意です。

【2006年1月26日】

日経平均   16,460.68円(+569.66)
円相場(対$)  116.26~116.29(▲69)
長期金利    1.540%(+0.035%)

| | コメント (0) | トラックバック (0)